顎関節症|顎の治療|久喜歯科|久喜駅「東口」1分の歯医者。夜9時まで。土日も診療

0480-31-8680

「初診専用」予約

Jaw Joint Disease / 顎関節症

「顎が痛い」「口が開けづらい」「頭痛・肩こりが酷い」「カクカク音がして痛い」これらの症状のうち、どれか一つでも当てはまるようでしたら、顎関節症の可能性があります。

参考までに、私が属している「顎咬合学会」で作られた、簡易問診表を掲載します。

これに当てはまる人は、顎関節症の可能性が高く、歯科医院での検査をお薦めします。

咬合スコアセルフチェックシート

 

最近一ヶ月についてお尋ねいたします。

咬合スコアの使用説明

 

 

 

+顎関節症の原因

顎関節症は「歯並びの咬み合わせの悪さ」・「生活習慣」・「ストレス」・「姿勢の悪さ」など様々な要因により、顎を中心として関節や筋肉などが不調和を起こして生じます。(これらいくつかの要因が合わさっているケースが非常に多いです。)顎関節症を治すには、まず思い当たる部分から解決していく必要があります。

 

「こめかみの痛み」に苦しまれている方は意外と多く、大半の方は内科、耳鼻科、口腔外科のお医者様か、鍼灸・整体を受診されているようです。

 

そのような方に、歯科医院における「噛み合わせ診断」も1つの選択肢であることをお伝えいたします。当院では、顎関節症に精通した日本顎咬合学会の認定医が在籍しておりますので、安心してご相談ください。

 

認定医 認定医

 

 

 

+治療の手順

 

Step1 問診

 

Step2 お口の中や、外(首や背中などの筋肉の状態)の診査

診査

 

Step3 写真撮影

お口の中の状態・お体の状態を記録します。

口腔内撮影

 

Step4 歯型取り&咬み合わせ取り

模型

 

Step5 レントゲン撮影

当院では、写真のほかに、お顔の正面と側面のレントゲン写真も取り、頭の骨格全体の3次元的分析をします。

レントゲン

 

Step6 顎運動検査

顎の動きをコンピューターで分析します。コンピューターを使うと0.01mm単位で

顎関節の3次元の動きが調べられます。

顎運動検査

 

Step7 全データの統合分析

以上のデータを統合し顎関節の状態を把握し、問題の原因を調べます。

全データの統合分析

 

Step8 診断結果の説明

00000000000000

 

Step9 治療

複数の治療法があり、それらを組み合わせることもあります。

 

咬み合わせの調整(すり合わせた時に引っかかりのあるところを調整)

スプリント療法(マウスピースをはめて顎の負担を軽減します)

被せ物の治療(噛み合わせ調整だけでは対応できない場合、被せ直しの必要があります)

矯正治療(全体的な噛み合わせのバランスが悪い時には、お勧めします)

 

 

 

+個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

無料相談

インターネット予約

0480-31-8680

〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東1-1-1

※ 平日の診療は、最終受付20:45
※ ●9:00~17:00(最終受付16:45)、休憩はありません

 

 

+症例集

詳細は症例集をご参照ください。

症例集

 

 

+患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

 

 

+料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。