虫歯治療

キービジュアル

可能な限り痛みを抑える
歯を削る量の少なくする
神経を残す

久喜歯科・矯正歯科式-可能な限り「痛みを抑えた」歯科治療

診療1

虫歯に感染すると、多くの方は言いようのない不安に駆られるのではないでしょうか。

その不安の原因は、歯医者で「痛い」思いをするから。これが正解だと思います。

虫歯の治療に「痛み」はつきもの、確かにこれまではそうでした。

しかし、今や歯科医療も格段の進歩を遂げ、可能な限り痛みを抑えた治療が可能となりました。当院が実践している可能な限り痛みを抑えた治療を下記にご紹介します。

表面麻酔

Step1 表面麻酔

多くの方が嫌がるのは、麻酔注射をする時の痛みです。

事前に注射する箇所に麻酔液を塗ることにより注射時の痛みを抑えます。この表面麻酔をするとしないとでは痛みに大きな違いがあります。

針

Step2「極細の針」を使用

針は細ければ細いほど痛みは抑えられます。

当院では極細の針を使用しているので、痛みを抑えられます。

Step3 麻酔液を人肌まで温めます

麻酔薬が冷たかったり、熱すぎたりすると、注入した時に痛みや不快感がでます。そのため痛みが少ないといわれる人肌と同等の37度まで麻酔液を温め、麻酔液が入ってきた時の痛みを軽減します。

Step4 電動麻酔注射を利用しゆっくりと適切な量を注入

診療

麻酔時に痛みが生まれる原因の一つは、麻酔液が体内に注入されるときの圧力です。当院では、麻酔液の注入速度や圧力をコンピューターによって自動的にコントロールできる電動麻酔注射を用い、麻酔時の痛みを軽減しています。

Step5 経験とテクニック

診療2

可能な限り痛みを抑えるテクニックを駆使します。

例えば、息を吐く瞬間に合わせて針を入れたり、注意を他の部分に行っている状態を作り出し針を入れたります。また、お口の中には痛みに敏感な部分と鈍感な部分がありますので、鈍感な部分にまず麻酔を打ち、徐々に麻酔の範囲を広げていく方法も行っています。

5倍速コントラ

また、患者様が虫歯治療を嫌がる理由として「歯を削る時の音」があります。

当院ではこの「」に対しても配慮をしています。

具体的には「5倍速コントラ」とう機器を使うのですが、通常の歯を削る機器よりも「5倍」の速さで回転しますので、その分、機器の音が格段に小さくなります。

その他、「早い回転で削る」ということは「ブレ」が少なくなるため、歯を削る量も抑えられます。

そして、「歯を削る時の振動」も通常よりも軽減されますので、患者様には好評をいただいております。

次節からは虫歯治療、そして親知らずの抜歯に関してお話しさせて頂きます。

興味のあるボタンを押してご覧ください。

虫歯治療 親知らずの抜歯

虫歯治療

久喜歯科・矯正歯科式-可能な限り「歯を削る量の少ない」「神経を残す」虫歯治療

一度歯を削ると、つめ物やかぶせ物をして機能を取り戻すことはできますが、削ってしまった歯は再生することはないため、二度と元には戻りません。

「天然歯に勝る歯はこの世に存在しない」

歯を削ることは、歯の寿命を縮めることになります。何度も治療を繰り返す内に削る部分もなくなってしまい、最終的には歯を抜いてインプラント入れ歯をすることになります。当院では一人でも多くの方に健康で幸せな人生を送って頂きたいと考えております。だからこそ可能な限り「歯を削る量の少ない」虫歯治療にこだわるのです。

ここからはどのようにして、可能な限り「歯を削る量を少なくして治療できるのか」をご紹介します。

こだわり1.治療の精度を飛躍的に高める-「マイクロスコープ」「拡大鏡」

マイクロ1

ルーペ

歯科治療は皆さんが考えられている以上に非常に繊細で、そして高い安全性が求められます。

それは虫歯も例外ではありません。マイクロスコープやルーペ(拡大鏡)を使うことで肉眼では見えなかった歯の微細な凹凸、被せ物と歯肉の間の隙間などが確認でき、削る量も抑えることができます。

左の画像は肉眼で見た場合、右の画像はマイクロスコープで見た場合の歯です。

肉眼で見た場合とマイクロスコープで見た場

これまでは、ドクターの「経験と勘」を頼りに治療を行っていたので、必要以上に歯を削ったり、虫歯菌を除去することなく治療を終えてしまうケースが多々ありました。しかし、このマイクロスコープやルーペの登場により、虫歯の部分だけを削り、健康な歯を削り過ぎない治療が可能になりました。また削った部分を隙間なく封鎖することは、虫歯の再発予防には何よりも大切なことです。削った歯の穴を詰める際もマイクロスコープやルーペを使うと、肉眼ではわからないような、わずかな段差もないようにきれいに虫歯治療をすることができるのです。

こだわり2.虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。

虫歯治療を行う上で大切なのは、虫歯に感染した部分を除去することですが、通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきます。

しかし、この方法では、感染部位を正確に除去することはできません。

しかし、このう蝕検知液を使うと、感染した部分が赤く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかがわかり、歯を削る量を少なくすることができます。

さらに当院では、歯を削る量を少なくする方策として、「手の感触」で虫歯の状態を確認する工程を踏んでいます。具体的には「スプーンエキスカベータ―」と呼ばれる道具を利用します。

虫歯に侵された部分は「軟化象牙質」といい、歯が軟らかくなっています。

この部分は通常ドリルでも除去できますが、手の力で除去することもできます。

スプーンエキスカベーター

当院ではドリルだけで治療を終えることはありません。

その理由は、ドリルを利用することで健康な歯までも削ってしまう可能性があり、虫歯の奥にある神経を痛めてしまう可能性があるからです。

ある程度の部分まではドリルを利用しますが、最後はスプーンエキスカを利用し、手の感触で虫歯に感染した部分をしっかり見極め感染部分の除去を行います。

通常よりも少し時間はかかってしまいますが、可能な限り健康な歯を残すための当院のこだわりとお考え下さい。

こだわり3.必要な部分のみしか削らない「ドリル」

ドリル

歯を削るドリルには大きいものから小さいものまで多くの種類があります。

当然のことですが、大きいドリルを使うと歯を削る量も大きくなりますので当院では従来よりも格段に細いドリルを使用しております。

小さいドリルを使えば、手元が見えやすく、削りすぎるのを防いでくれるというわけです。

こだわり4.歯を削る量を少なくして「薬」で治療する「ドックスベストセメント」

「ドックスベストセメント」とは医療先進国のアメリカで開発された、従来の虫歯菌を削って治すという発想とは全く違う、「可能な限り歯を削る量を少なくして薬で殺菌する」という画期的な治療法です。

ドックスベストセメント

この治療の良いところは、歯髄まで感染した虫歯でもドックベストセメントを虫歯に塗布することにより、虫歯になっている歯を無菌化し、神経を残したまま詰め物を入れることが可能となり、さらに歯、本来の再生力を取り戻させ修復します。又、この薬は抗生物質などとは違い、人間の血液中に含まれる銅イオンを主成分とした、様々なミネラルから作られた安全で人体に優しい薬です。

ドックスベストセメントはすべての症例で使えるわけではありませんので、興味のある方は一度当院にご相談ください。

こだわり5.可能な限り歯を残すことができる「エクストリージョン」

エクストリュージョン

虫歯が過度に進行してしまった場合、通常は抜歯の運命を辿ります。

しかし、「エクストリュージョン法」を活用することで、ケースによっては抜歯せずに歯を残すことが可能になります。

この方法は、歯根廷出術とも言い、矯正治療の1つです。

歯茎の下にある虫歯を歯茎の上に露出させることにより、かぶせ物の「土台」を立てることが可能になります。また、この方法は、抜歯しないで被せ物を作ることが出来るだけでなく、その歯の予後(経過)が良くなることが期待できます。

エクストリュージョン図

エクストリュージョンを行っている医院は多くありませんが、当院では多くの治療実績があるため難しい治療だとは考えていません。「歯を抜かなければいけない」とされる状態でも、この治療法を用いれば、歯を残せる可能性があり、歯を残すために有効な治療法です。歯をなるべく残したいとお考えの方は、一度、当院までご相談ください。

虫歯治療後の詰め物・かぶせ物の種類

詰め物・かぶせ物には様々な種類があります。

詰め物・かぶせ物の種類

良く知られているのは、先ほどお伝えした「銀歯」と呼ばれているものですね。

これは保険適用の素材であることにメリットがあるのですが、「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。

かわって保険適用外(自費治療)の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。

当院では患者様のお口の状態、お好みなどを専任のトリートメントコーディネーター(有資格者)が把握し、もっとも適切な素材をご提案させていただいています。

診療3

詳しくは審美セラミック治療または料金表をご覧ください。

虫歯の進行状況別の治療内容

虫歯は急に進行するわけではなく、長い年月をかけて徐々に進行していきます。

ごく初期の段階(C0=経過観察)を過ぎてしまうと悪化の一途をたどります。

歯は一度悪くなってしまうと、もとの状態には戻らないという認識が大切です。

歯科医院では、虫歯の進行状況を、それぞれCO⇒C1⇒C2⇒C3⇒C4という記号であらわします。

初期の段階であるCO(経過観察)の段階であれば、しっかりした処置をすることで歯を削らずに自然治癒(再石灰化)させることができます。

しかし、それ以降のC1~C4の段階になってしまいますと、歯科医院にて、しっかりした治療が必要となります。

C1:エナメル質が溶け表面に穴があいている状態

虫歯の初期段階であるC1になると、治療が必要になりますが、虫歯を削りレジン(プラスチック)を詰め、1回の治療で終えることができます。

C2:穴が象牙質にまで拡大している状態

冷たいものを飲むことで歯に違和感を覚えるのは、C2の段階です。この段階までであれば、歯を削る量は可能な限り少なくすることができます。また、治療回数も2回~3回程度と短期間で終えることが可能です。

C3:歯がかなり失われている状態

C2の時よりも痛みの自覚症状が強くなります。C3以降の治療は、虫歯が神経に到達しているため、神経を除去もしくは除菌する治療が必要になります。そしてクラウン(かぶせもの)を装着することになります。治療回数は5~6回かかります。 可能です。

C4:歯の根しか残っていない状態

残念ながら、ここまできてしまった歯は基本的に残すことができません。しかし、周囲の骨、歯の根の状況などによっては歯を残す治療も可能となることもあります。まずはご相談下さい。

親知らずの抜歯

経験豊富なドクターが行う「親知らずの抜歯」

親知らずの抜歯は、簡単なものもあれば、外科治療を必要とするケースも存在します。

当院ではどちらの症例でも対応できます。また、CT装置(三次元立体画像撮影装置)も院内に設置しておりますので、安全な抜歯が可能となっておりますし、担当するドクターは大学にて「口腔外科」を専攻していましたのでクオリティの高い治療が可能になっています。

以下は当院で実施した難しい親知らずの抜歯症例となります。

水平埋伏歯

水平埋伏歯とは、横向きにはえている歯を指します。通常通りにまっすぐはえている歯よりも抜歯が難しい状態です。

水平埋伏歯を抜歯するためには、歯茎を切開してめくりあげ、歯の頭の部分と骨の一部分を削り取り、分割しながら抜歯していきます。

戦略的抜歯

戦略的抜歯とは、親知らずの存在が、今後の中長期的視点で考えた際、問題が生じることが明白な場合は、その問題が生じる前に抜歯を行いましょうという考え方です。

例えば、親知らずが原因でブラッシングがしっかりできない部分が生じている場合。顎関節に近く、将来的に顎関節症を引き起こす可能性がある場合などなど。

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

0480-31-8680

〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東1-1-1

診療時間
10:00 ~ 13:00 /
14:30 ~ 21:00 /
  • ※ 平日の診療は、最終受付20:45
  • ※ ▲9:00~17:00(最終受付16:45)、休憩はありません
  • ※ 祝日は休診となります

症例集

症例集

詳細は症例集をご参照ください。

患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。