誤嚥性肺炎とは。訪問歯科での口腔ケア(久喜 往診 訪問診療 )

2018-05-28


誤嚥性肺炎という言葉をご存知でしょうか?
ご高齢になり、口腔内の歯ブラシが満足に出来なくなると当然お口に細菌が溜まる。
その細菌が唾液と共にうまく飲み込めずに、誤って気管に入り肺炎を起こしてしまうことです。
肺炎は高齢者の死因の二位とも言われており、非常に危険になります。
誤嚥性肺炎は口腔清掃をしっかり行う事により十分予防ができます。
現在お痛みなどがなくても、歯石取りや歯のクリーニングに月に一度ご自宅に伺う事も可能です。
例えば、ご両親が足腰が悪くあまり動けず、歯科医院でのクリーニングなどをもう何年もしてない。などという方は是非予防の為にご連絡頂ければと思います。
防げる病気は未然に防ぎましょう!


カテゴリー 久喜駅前歯科ブログ