久喜駅前歯科ブログ |久喜歯科・矯正歯科|久喜駅「東口」1分の歯医者。夜9時まで。土日も診療

キービジュアル

GW期間の休診日

2021年4月26日

みなさんこんばんは!

GW中のお休みに関してのお知らせです。

4月29日(木祝):休診日

5月3日~5月5日まで祝日のため休診日となります。

5月6日(木)からは通常になりますのでお間違いの無いようにお願い申し上げます。

お休みの日は電話、LINEなどでのご連絡は難しいので予めご了承下さい。

ご不明な点等ございましたらお早めにご連絡の程宜しくお願い致します。

お知らせ:さらに予約が取りやすくなりました!(久喜 歯医者 歯周病 痛くない 予約)

2021年4月21日

皆さんこんにちは♪

この度、久喜歯科に新しい仲間が増えました♪

歯科医師が3名、衛生士も3名と計6名の新しいメンバーを迎え入れることとなりました!

「予約がなかなか取れない」とのお声も過去に頂戴しており、治療スペースを拡大して最近では同じようなお声は頂くことは少なくなりましたが、今回はさらに予約が取りやすい状況が整いましたのでお知らせでした♪

いつもと違うメンバーでの治療もあると思いますが、皆さまどうぞ宜しくお願い致します!

また、近々別のご報告もできると思いますのでまたこちらでご案内しますね♪

今からでも遅くない!大人になってから始める歯列矯正 その①(久喜 歯医者 矯正歯科 マウスピース矯正)

2021年4月4日

子どものうちに行うものというイメージが強い歯列矯正は、大人になってから歯列矯正をはじめるとなると、「効果があるのか」という部分がまず心配ですよね。
ほかにも、「矯正器具をつけたまま仕事に行かないといけないの?」「費用はどのくらい?」「痛みは?」といったさまざまな不安が付きまとうでしょう。

今回は、大人になってから歯列矯正を考えている方のために、始めるべきタイミングなどについてお伝えしたいと思います。

■始めるタイミング

大人になってから歯列矯正を始める場合、いつスタートすれば最も効果的なのかというベストなタイミングを知りたいですよね。
結論からいうと、成人の歯列矯正はいつでもはじめることができます。小児矯正の場合は、歯の生え変わり時期や成長過程に合わせて最適なタイミングがありますが、歯の成長が完了している成人の歯列矯正にはそのようなことはありません。
ただ、早くはじめればその分早く歯並びが改善され、正常で健康な噛み合わせが手に入りることは確かです。
大人の歯列矯正は、「いつはじめるか」ではなく「いつまでに完了したいか」という部分を意識し、計画的に歯列矯正を行うと良いでしょう。

■大人の歯列矯正、メリットとデメリット

「大人になってまで歯列矯正っておおげさかな……」「歯列矯正無しでこれまで過ごしてきたし今更……」と、歯列矯正をすること自体に迷いがある人も多いでしょう。
歯列矯正を始めれば、完了するまでに数ヶ月〜数年かかりますし、定期的な通院の手間や矯正器具の装着する煩わしさ、そしてけして安くはない矯正費用が必要です。
しかし、歯列矯正を行うことで、見た目のコンプレックスも解消できます。
大人の歯列矯正のメリットとデメリットを比べながら、歯列矯正の正しい情報を知っておきましょう。

★大人が歯列矯正を行うメリット3つ

1.見た目のコンプレックスが解消

見た目の問題が改善されることは、歯列矯正の最大のメリットといえるでしょう。笑った時にガタガタの歯並びが人に見えてしまうのは辛いですよね。
歯並びが悪いせいで口がきちんと閉まらなかったり、滑舌が悪かったりして、人と接することがとても億劫だった方も、歯列矯正を行うことで見た目のコンプレックスが改善され、積極的に人と関わることができるようになります。

2.虫歯や歯周病の予防になり、お口の健康を維持できる

歯並びが悪いと、歯と歯の隙間に歯ブラシが届かず十分に歯磨きができません。
そのため、汚れや食べかすが付着したままになり、虫歯や歯周病が進行しやすくなります。
また、歯並びのせいで常に口が開いたままの場合は、常に口が乾いて唾液量が減少し、お口のトラブルのリスクが高まってしまいます。
歯並びを改善することは、長い目で見てお口の健康を守ることになるのです。

3.治療のスケジュールが立てやすい

大人の歯列矯正の場合、成長過程による影響が少ないため、治療スケジュールが予測しやすくなります。
今はじめればいつ頃には治療が終わるという予定が立てやすいので、想定外に矯正期間が長くなって費用や精神的負担が増える、といったことを軽減できます。

☆大人が歯列矯正を行うデメリット3つ

1.治療中の見た目が気になる

治療が終われば見た目のコンプレックスが解消されます。しかし、治療中の見た目の問題は歯列矯正の大きな問題でもあります。
しかし、最近の歯列矯正は一般的な金属製の器具のほかにも目立ちにくい器具や表側に器具を付けない治療方法もあります。
自分のライフスタイルにあった治療方法を選べば、治療中の見た目の問題を減らすことができます。

2.治療に伴う痛みや違和感

矯正器具によって今ある歯の位置を動かすわけですから、人によって痛みを感じる場合もあります。
また、治療中は矯正器具を装着し続けるので、食事のときの違和感や舌が器具に触れる不快感が気になる人もなかにはいます。
日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合は、歯科医師に相談して調整を行ってもらうことも可能ですし矯正器具のなかにはいつでも取り外すことができるものもあります。

3.虫歯や歯周病になりやすい

治療中は、矯正器具の隙間に汚れが付着しやすくなります。場所によっては歯ブラシが届きにくいこともあるので、普段よりも虫歯や歯周病に気をつけて丁寧なケアが必要になります。

最近ではコロナの影響でマスクでの外出が当たり前になってきているので、実際に矯正をこのタイミングで検討、開始させる方が増えてます!!!

また、4月中旬を目安に続きを書きたいと思います♪

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

0480-31-8680

〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東1-1-1

診療時間
10:00 ~ 13:00 /
14:30 ~ 21:00 /
  • ※ 平日の診療は、最終受付20:45

  • ※ ▲9:00~17:00(最終受付16:45)、休憩はありません

  • ※ 祝日は休診となります

症例集

症例集

詳細は症例集をご参照ください。

患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。