久喜駅前歯科ブログ |久喜歯科・矯正歯科|久喜駅「東口」1分の歯医者。夜9時まで。土日も診療

キービジュアル

歯ぎしりの原因と対策 久喜市歯医者 歯周病 歯ぎしり マウスピース

2021年2月15日

就寝時に歯ぎしりをしてしまう人は、自律神経の乱れなどから睡眠中に交感神経が優位になり、それが原因で歯ぎしりをしている可能性がある。

先日、ふと目についたwebニュース記事にこのような見出しがありましたので今回はこれをブログに書きたいと思います。

―――――――――――――――――――

起床時に原因不明の顎のだるさやひどい肩こりが続く。そんな症状のある人は歯ぎしりをしている可能性が高い。日本人の8割が罹患している歯周病を治さないまま歯ぎしりが始まると、歯と歯槽骨は短期間で破綻に向かって突き進む。過去にむし歯の治療で削った歯は力学的に脆く、歯根が破折を招き、歯を失うことも。

自律神経の乱れなどから睡眠中に交感神経が優位になり、それに対し歯ぎしりによって副交感神経に働きかけ、リラックスした状態を取り戻そうとしている可能性がある。

―――――――――――――――――――

つまり、記事によると原因は脳にある!ということになります。

来院される方で歯ぎしりや起床後の顎の痛みでいらっしゃるかたも少なくありません。

――――――――――

とりあえず歯槽骨と歯の保護にはマウスピース。 歯ぎしり癖を直接治すものではないが、マウスピースを使うのは一つの選択肢。

――――――――――

このブログを書かせてもらっている私もマウスピースを使用しています!朝起きた際の顎の痛みを少し前から感じたので作成ました。最初は違和感がありましたが慣れてくると全く問題ありません!

何より、朝起きた時に使用しているしていないの差がはっきりとわかります(個人差あると思います)

違和感を感じたら早めに対応がポイントになりますので、気になっている方いらっしゃればお気軽に相談ください!オーダーメイドで皆さんのお口に合ったマウスピースを作成させてもらいます♪記事に書いてありますが、あくまで歯周病を治す!ということが前提になっておりますので一緒に口腔ケアを頑張りましょう♪

※個人によりそれぞれ原因があり、解決策も人それぞれになります。

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

0480-31-8680

〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東1-1-1

診療時間
10:00 ~ 13:00 /
14:30 ~ 21:00 /
  • ※ 平日の診療は、最終受付20:45

  • ※ ▲9:00~17:00(最終受付16:45)、休憩はありません

  • ※ 祝日は休診となります

症例集

症例集

詳細は症例集をご参照ください。

患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。