久喜駅前歯科ブログ |久喜歯科・矯正歯科|久喜駅「東口」1分の歯医者。夜9時まで。土日も診療

0480-31-8680

キービジュアル

麻酔を使った治療のあとに気をつけたいこと

2024年2月15日

こんにちは♬

 

むし歯や歯の根の治療、抜歯などの治療を行う際には、痛みを最大限抑えるために局所麻酔を使用します。歯科医院での治療で麻酔を使った後は、麻酔がまだ効いている状態でお帰りいただくことがほとんどです。

 

今回は、麻酔を使った治療のあとに気をつけたいことについてご紹介します🦷

 

 

麻酔を使った治療を受けた当日は、以下のようなことに気をつけましょう。

 

  • 飲食はできるだけ麻酔がきれてから

湿潤麻酔の場合で2~3時間、伝達麻酔では4~6時間程度は麻酔の効果が持続します。麻酔が効いている状態のまま飲食をすると、誤って唇や頬を噛んでしまう、やけどをしてしまうなどの原因となることがあるため注意が必要です。可能な限り麻酔がきれたあとに食事をとるようにしましょう。その際もいきなり硬いものや刺激物(辛いものなど)、熱いものを食べるのではなく、少し冷ましたうどんやおかゆなどを選ぶのがおすすめです。

 

  • 血流をよくするような飲酒や長風呂、激しい運動は控える

特に抜歯や切開を伴う歯周病の治療、インプラントの治療などを行った場合、血流がよくなりすぎると患部から再出血するおそれがあります。飲酒や長風呂、激しい運動は治療当日あるいは翌日まで控えるようにしてください。当日の入浴はシャワー程度に済ませるのがよいでしょう。

 

 

今回ご紹介したように、麻酔を用いた歯科治療を受けた後は、患部にダメージを与えないように気をつけながら過ごしましょう。治療の際の痛みや麻酔のことで不明な点、心配なことなどがあれば、遠慮なくご相談くださいね😊

歯科治療で用いられる麻酔

2024年2月1日

こんにちは♬

 

歯科医院で治療を受けるとき、できるだけ痛みは感じたくないですよね💦そのために用いられるのが、麻酔です。麻酔を使うことで治療時の痛みや不快感を最大限抑えることができますが、歯科で使われる麻酔にはいくつか種類があるのをご存じですか?

 

今回は、歯科治療で用いられる麻酔についてご紹介します🦷

 

 

歯科治療で使われる麻酔は、治療をする範囲に局所的に麻酔薬を注射する「局所麻酔」が一般的です。むし歯の治療や歯の根の治療、抜歯など幅広く使用されます。局所麻酔は、次の3種類に分類されます。

 

  • 表面麻酔

注射針を刺す際の痛みを軽減するために用いられるのが表面麻酔です。ジェル、液体、スプレーなどいくつかの形態がありますが、いずれも粘膜に直接塗布して使用します。数分すると麻酔薬を塗布した箇所が麻痺してきます。麻酔の効果があるのは10~20分程度です。

 

  • 湿潤麻酔

歯科麻酔で多くの方がイメージするのがこの湿潤麻酔ではないでしょうか。治療をする歯の近くの歯ぐきに麻酔薬を注射して、神経に薬を作用させます。麻酔の効果は2~3時間持続します。稀に血圧の上昇や動悸、吐き気などの副作用が生じることもありますが、その場合には治療を中断して休んでいただきます。もし過去に歯科の麻酔で気分が悪くなった経験などがある場合は、治療前に歯科医師までお申し出ください。

 

  • 伝達麻酔

舌や唇を含む広範囲に麻酔を効かせたいときや、麻酔が効きにくい奥歯の治療をする際に用いられるのが伝達麻酔です。脳から出ている神経が下顎に向かう途中の枝分かれする前の部分に麻酔薬を作用させます。麻酔の効果は4~6時間持続します。

 

局所麻酔を用いて治療をしたあとにはいくつか気をつけていただきたいことがありますが、それについては次回以降のブログでご紹介します✨

 

このように、歯科の治療では目的に合わせて麻酔の方法も使い分けています。治療の際の痛みや麻酔のことで不明な点、心配なことなどがあれば、遠慮なくご相談くださいね😊

歯ブラシの使い方 3つのポイント

2024年1月15日

こんにちは♬

 

毎日の歯磨き、ついなんとなく磨いていませんか?

むし歯や歯周病を予防するためには原因となるプラーク(歯垢)を除去することがとても大切ですが、歯ブラシの使い方のポイントをおさえておくことで、効率よくプラークを落とすことができます。

 

今回は、歯ブラシの使い方の3つのポイントについてご紹介します♬

 

 

【ポイント①】歯ブラシの当て方

お口の中でなんとなく歯ブラシを動かしていても、ブラシの毛先が磨きたいところにしっかり当たっていなければ意味がありません。

 

奥歯の噛み合わせの面は特にむし歯になりやすいので、歯ブラシのつま先(先端部分)をうまく使いながら磨くとよいでしょう。

 

また、前歯の裏側を磨くときには歯ブラシが横向きのままだとブラシの毛先がほとんど歯に当たりません。歯ブラシのヘッドが縦になるようにします。

 

さらに、歯周病を予防するためには歯と歯ぐきの境目を重点的に磨くことが大切です。45度の角度でブラシを当てるようにするとより効果的でしょう。

 

【ポイント②】磨くときの力加減

強くごしごし磨きすぎると、歯の表面のエナメル質が傷ついて摩耗する原因となってしまいます。まず歯ブラシは鉛筆をもつように軽く握ると、余分な力が入りません。ブラシの毛先を歯の表面に当てたときに、毛先が広がらない程度の力加減(150~200g)で磨くように心がけましょう。

 

【ポイント③】歯ブラシの動かし方

大きなストロークで歯ブラシを動かしていると、細かい部分のプラークまで落とすことができません。歯を磨くときは1~2本ずつ磨くことを意識すると、自然に歯ブラシを動かす幅も小さくなります。5~10mm幅を目安に小刻みに動かすようにしましょう。

 

 

このように、ちょっとしたポイントを押さえておくだけでも歯磨きの効率がぐっと上がります。また、歯科医院では歯科衛生士が磨けていない箇所をチェックしてお口の中の状況に合った磨き方を丁寧にアドバイスいたします。

 

歯磨きの事でお困りのことがある方は、お気軽にご相談くださいね。

ご予約はお電話やwebからお待ちしております🦷

似ているようで違う 洗口液と液体歯磨き

2024年1月1日

こんにちは♬

 

ドラッグストアやバラエティショップの歯磨き用品コーナーで、液体のマウスウォッシュが売られているのをご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。実は、マウスウォッシュには2種類あり、それぞれ使用の目的や方法が全く異なります。

 

今回は、洗口液と液体歯磨きの違いについてご紹介します🦷

 

 

マウスウォッシュには、「洗口液」と「液体歯磨き」の2種類があります。日常的に液体のマウスウォッシュを取り入れている方もいらっしゃるかと思いますが、それぞれの正しい使い方を知っておきましょう。

 

  • 洗口液

洗口液は、液体で口をすすぐだけで手軽にお口の中を清潔に保てるものです。ただし、これだけでお口の中の汚れをしっかり除去できるわけではないので、あくまで歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどで歯磨きをした後に補助的に使用します。外出先で口臭を予防したいときなどにも手軽にお使いいただけるアイテムです。

 

また、市販されている洗口液は医薬部外品と化粧品の2種類にさらに分かれています。

これらの違いは、配合されている薬用成分の違いです。むし歯や歯周病、口臭などをより効果的に予防したい場合は、医薬部外品の表示があるものを選びましょう。

 

  • 液体歯磨き

液体歯磨きは、「歯磨き粉の液体バージョン」と捉えていただけるとわかりやすいかもしれません。歯ブラシで歯を磨く前に液体歯磨きを口に含んで歯列全体に行き渡らせ、吐き出してからいつものように歯ブラシで磨きます。ペースト状の歯磨き粉に比べて成分がお口の中の隅々まで行き渡ることが特徴で、研磨剤が含まれないぶん、歯を傷つけることなくお口のケアができます。

 

 

このように、マウスウォッシュは目的に合わせて選ぶとより効果的にお口のケアをすることができます。洗口液なのか液体歯磨きなのか、パッケージの表示を確認してみてくださいね。選び方や使い方にご不安がある場合は、当院の歯科衛生士がしっかりアドバイスいたします😊

 

定期検診のご予約はお電話やwebからお待ちしております🦷

 

磨き残しが多いのはどこ?

2023年10月15日

こんにちは♬

 

毎日丁寧に歯を磨いていらっしゃる方も多いかと思います。実は磨き残しが多い場所はある程度決まっており、そちらを意識して磨いていただくと、普段の歯みがきでより効果的に汚れを落とすことが出来ます!

 

今回は、磨き残しが多い場所についてご紹介します♬

 

 

磨き残しが多い箇所は、ズバリ「利き手側の歯の裏側(内側)」です。右利きの方であれば、右側の奥歯の裏側、左利きの方であれば、左側の奥歯の裏側ということです。

 

利き手側の歯の裏側(内側)を磨くときには、手首を返さないと歯ブラシの毛先が磨きたいところにしっかりと当たりません。また、力が入りにくいため、他の箇所に比べて磨き残しが多くなりやすい傾向にあります。

 

したがって、歯を磨くときには「利き手側の歯の裏側(内側)」からスタートするのがおすすめです✨

 

どうしても歯ブラシで磨きにくい、という場合は、以前ご紹介したワンタフトブラシを使うのも良いでしょう。

 

このほかにも磨き残しが多い傾向にあるのは、次のような箇所です。

 

・下の前歯の裏側

・歯と歯ぐきの境目

・歯と歯の間

・奥歯の噛み合わせの溝

 

どの場所を磨くときにも、歯ブラシの毛先を磨きたいところにしっかりと当てて、小刻みにに動かすようにします。

 

下の前歯を磨くときには、歯ブラシを縦にして磨きましょう。

 

また、歯科医院では歯科衛生士がどこが磨けているか、磨けていないかをチェックし、患者様お一人おひとりのお口の中の状況に合った磨き方をアドバイスいたします。

 

歯ブラシはもちろんのこと、デンタルフロスや歯間ブラシの選び方のお手伝いもいたしますので、お気軽にご相談ください✨

 

ご予約はお電話やwebからお待ちしております🦷

 

歯ぐきのセルフチェック

2023年10月1日

こんにちは♬

 

歯周病は初期段階では自覚症状がほとんどなく、気づいたころには症状が進行してしまっていることも少なくありません。

 

今回は、歯ぐきのセルフチェックについてご紹介します♬

 

 

歯を磨くときに、つい歯ばかりを見ていませんか?

ぜひ、ご自身の歯ぐきの状態をチェックしてみましょう。

毎日観察することで、ご自身の体調による変化や歯肉炎・軽度の歯周炎による変化などに気がつけるかもしれません。

 

歯ぐきのセルフチェックでは、次に挙げるポイントを中心に歯ぐきを観察してみましょう✨

 

・歯ぐきが赤く腫れているか

・口臭が気になるか

・歯ぐきがやせてきたように感じるか

・歯と歯の間にものがつまりやすいか

・歯磨きをした後、歯ブラシに血がついたり、すすいだ水に血が滲んでいるか

・歯と歯の間の歯ぐきがぶよぶよしているか

・歯が浮いたような感じがするか

・指で触ると歯がぐらぐらするか

・歯ぐきから膿が出ているか

 

(8020推進財団の資料より抜粋)

 

これらの項目のうち、一つでも当てはまることがあれば歯周病になっている可能性があります。症状が進行しないうちに対処できるよう、早めに歯科医院を受診しましょう。

 

また、特に当てはまる点がなかったとしても、定期的な検診やクリーニングは歯周病を予防するために非常に重要です。

 

検診やクリーニングのご予約はお電話やwebからお待ちしております🦷

 

ワンタフトブラシ、使ってみませんか?

2023年9月15日

こんにちは♬

 

毎日の歯磨き、歯ブラシで磨くだけで終わりにしてはいませんか?

 

今回は、ワンタフトブラシについてご紹介します♬

 

 

 

むし歯や歯周病を予防するには、プラークもしっかり落とすことが大切です。

 

通常の歯ブラシでは届きにくい細かな箇所には、ブラシの毛束が円錐型に一つにまとまっている形状をしているワンタフトブラシがおすすめですよ🎵

 

 

ヘッドが小さく小回りがきくワンタフトブラシは、様々な場面で活躍してくれる1本です❣例えば、

 

・歯並びに凹凸があるところ

・ワイヤー矯正の装置のまわり

・奥歯のさらに奥の面

・親知らずまわりや生えかけの親知らず

・抜けた歯と隣り合う歯

・インプラントまわり

・乳歯から永久歯に生え変わる時期のお子さまの仕上げ磨き

 

など、このような場面でワンタフトブラシを使用していただくと、円錐型のブラシが磨きたいところにピンポイントにフィットし、効率よくプラークを落とすことができますよ✨

 

ワンタフトブラシで磨く際は鉛筆と同じように握り、山型になっている毛先を磨きたい場所に直角に当て、力を入れ過ぎないように気をつけながらブラシを細かく動かします。

前回までのブログでご紹介したようなデンタルフロスや歯間ブラシと併用すると、さらに効果的です🦷

 

ワンタフトブラシの使い方にご不安がある場合は、お気軽に歯科衛生士にご相談ください✨ご予約はお電話やwebからお待ちしております🦷

 

歯間ブラシの使い方をマスターしましょう

2023年9月1日

こんにちは♬

 

毎日の歯磨き、歯ブラシで磨くだけで終わりにしてはいませんか?

 

今回は、歯間ブラシの選び方や使い方についてご紹介します♬

 

 

 

むし歯や歯周病を予防するには、歯と歯の間のプラークもしっかり落とすことが大切です。

 

歯と歯の間やブリッジの人工歯の下には歯ブラシの毛先は届きにくいため、歯間ブラシを使って効率よくプラークを落とすのがおすすめですよ🎵

 

 

歯間ブラシには、本体そのものに角度がついている「アングルタイプ(L型)」と、ご自身で好みの方向に曲げられる「ストレートタイプ(I型)」があります。初心者の方や奥歯に重点的に使いたい方は、アングルタイプを選んでみましょう❣

 

①歯間ブラシを使うときには、鏡を見ながら行います。

 

②軽い力で歯間ブラシを持ち、歯ぐきに沿わせて少しブラシを斜めにしながら歯と歯の間に入れます。ブラシが入ったら、歯面に沿わせるように水平に5~10往復ほど動かし、プラークを絡めとります。

 

③外側からだけでなく、内側からもブラシを入れ、満遍なくプラークを除去しましょう。

 

歯間ブラシを使うときには、歯ぐきを傷つけないようにすることが大切です。

歯周病が進行して歯ぐきが下がった箇所や、ブリッジの繋がっている冠の下の部分には、デンタルフロスよりも広い範囲を効率よく清掃できる歯間ブラシがおすすめですよ✨

 

また、メーカーにより異なりますが、歯間ブラシには様々なサイズがあり、ご自身のお口の中の状態によって適切なサイズを選ぶことが大切です。サイズが大きすぎると歯ぐきを傷つけてしまい、逆に小さすぎると清掃効率が悪くなります。

患者様に合った歯間ブラシを選ぶお手伝いや使い方のアドバイスもいたしますので、お気軽に歯科衛生士にご相談ください✨

 

ご予約はお電話やwebからお待ちしております🦷

 

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い

2023年4月15日

こんにちは♬

 

矯正治療と一言にいっても様々な方法があります。

今回は、表側からのワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いについてご紹介します✨

 

 

1.装置

まず、使用する装置が異なります🌟

ワイヤー矯正では、歯の表面に金属製やセラミック製のブラケットつけ、そこにワイヤーを通します。マウスピース矯正では、プラスチック製の透明なマウスピースを装着します。

ワイヤー矯正でも近年は目立ちにくい審美ブラケットやホワイトワイヤーなどがありますが、見た目が目立ちにくいのはマウスピース矯正です。

 

2.痛みと治療期間

ワイヤー矯正に比べ、マウスピース矯正はゆっくり歯を動かしていきます。そのため、痛みはやや少なく、その分治療期間はワイヤー矯正より長くなる傾向にあるといわれています(痛みの感じ方には個人差があります)🦷

 

3.対応できる症例

ワイヤー矯正は、ほぼ全ての症例に対応できますが、マウスピース矯正では重度の出っ歯などには対応できない場合もあります。

 

4.セルフケア

ワイヤー矯正では歯の表面についているブラケットやワイヤーのまわりに食べ物が挟まりやすく、また歯ブラシの毛先が届きにくいため磨き残しが多くなりやすいため、装置に合った正しい磨き方を身につける必要があります。マウスピース矯正では、マウスピースは簡単に着脱できるため、歯磨きはこれまで通りで問題ありません✨

 

5.装置の管理

ワイヤー矯正では、装置の調整のため月に1回程度通院していただきます。ご自身で何か管理をする必要はありません。マウスピース矯正では、ご自身で1~2週間おきにマウスピースを交換していただきます。また、1日20~22時間はマウスピースを装着する必要があるため、着脱の自己管理を徹底しなければなりません。

 

 

このように、ワイヤー矯正とマウスピース矯正では様々な違いがあります。お口の中の状況やライフスタイルに合わせて、治療方法を検討するようにしましょう😊それぞれの治療費は当院のホームページにも掲載しておりますので、そちらもご参照くださいね✨

 

矯正治療のカウンセリングをご希望の方は、お気軽に当院までご相談ください♬

個別歯科相談へのお問合せもお待ちしております✨

マウスピース矯正 クリアコレクトとは

2023年4月1日

こんにちは♬

 

新年度になり、なにか新しいことにチャレンジしてみよう!という方に是非おすすめしたいのが、当院で導入しておりますマウスピース矯正「クリアコレクト」です✨

 

 

 

クリアコレクトは、近年人気の高いマウスピースを用いた矯正治療方法です🦷

マウスピースを1~2週間おきに交換し、歯並びや噛み合わせを整えていきます。

 

マウスピースは透明で薄いため、よほど近づかない限りは装着していることが分からないくらい目立ちません。ワイヤー矯正の装置の見た目が気になる方には、特におすすめの矯正治療方法です🌟

 

また、マウスピースは簡単に取り外して洗浄ができるため衛生的です。歯の表面に装置がついていないので、歯磨きもこれまでと同じで問題ありません✨

 

そのほかにも、ワイヤー矯正に比べて弱い力でゆっくり歯を動かすため、痛みが比較的すくないといわれています。痛みに弱い方や、金属アレルギーがありワイヤー矯正の装置が使えない方も安心して治療を受けていただくことができます😊

 

このように、クリアコレクトでのマウスピース矯正には様々なメリットがあります。

歯並びが気になっているけれどなかなか矯正治療に一歩踏み出せなかった方も、この機会にぜひカウンセリングを受けてみませんか?♬

 

クリアコレクトでのマウスピース矯正をご希望の方は、お気軽に当院までご相談ください♬

個別歯科相談へのお問合せもお待ちしております✨

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

0480-31-8680

〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東1-1-1

診療時間
10:00 ~ 13:00 /
14:30 ~ 20:00 /
  • ※ 平日の診療は、最終受付20:45

  • ※ ▲土曜は9:00~17:00(最終受付16:45)、休憩はありません

  • ※ ★日曜は9:00~16:00となります。

  • ※ 祝日は休診となります

症例集

詳細は症例集をご参照ください。

料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。