『治らない根の治療』に対する治療法(久喜 根管治療 歯根端切除)

2016-05-10

IMG_2938

みなさん、こんにちわ。

最近、患者さんからの問い合わせでも多いのが歯を抜きたくない!です。

なるべく自分の歯を残したい。。誰でも当然ですよね。

歯は神経を抜いたり、根の先に膿がたまると治りが悪い事が多く、何度か根の治療をして、その結果歯を抜いてしまった方もいるのではないでしょうか?

しかし歯を抜いてしまう前に根の治療にはもう1ステップ治療法があります。

それが先日、当院で行った、上記写真の歯根端切除法です。

悪さをする病原体は根の中だけにとどまらず、歯の根の先っぽにまで進んでいきます。

なのでいくら根っこの中を通常の治療で綺麗にしても治りが悪い事があるのです。

その場合、小手術の様になるのですが、根の先端周囲の歯ぐきを切開し、悪さをしてる菌がいる根の先っぽを目で見てわかるように露出させます。

写真では水色の矢印が骨、黒い矢印が歯の根の先端です。

目で見てわかれば、あとはそのばい菌を丁寧にしっかり除去し、お薬を詰め、傷口を縫って終わりになります。

歯根端切除は高度な技術が要求されますが保険適応の治療法です。

実際病状が悪ければこの方法を用いても歯を残すのが難しいという事はありますが、安易に抜いてしまう前に選択肢にいれてみてもいいかもしれません。

 

 

 

 

 


カテゴリー 久喜駅前歯科ブログ