久喜駅前歯科ブログ |久喜歯科・矯正歯科|久喜駅「東口」1分の歯医者。夜9時まで。土日も診療

0480-31-8680

キービジュアル

むし歯治療の痛みをできるだけ少なくするには?

2024年06月1日

こんにちは♬

 

むし歯治療で痛い思いをするのは嫌だ、という方がほとんどではないでしょうか。とはいえ、歯科治療の技術も日々進歩しているため、痛みをできるだけ少なくする工夫ができるようになっています。

 

今回は、むし歯治療で痛みをできるだけ少なくする方法についてご紹介します🦷

 

 

むし歯は、細菌が産出する酸により歯のエナメル質や象牙質が溶ける病気です🦷治療をするときには細菌に感染している部分の歯質を削り、そのあとに詰め物や被せ物で修復をします。むし歯治療で痛みを生じるのは、この歯質を削る処置をするときです。

 

当院ではこの痛みを最小限に抑えるために、次のような工夫をしています。

 

 

1.浸潤麻酔前の表面麻酔

むし歯の治療をするときにはほとんどのケースで部分的な麻酔をします。このときに用いられる浸潤麻酔は注射で麻酔薬を注入するため、注射針を粘膜や歯ぐきに刺すときに痛みを生じるのです。その痛みを抑えるためには、まず表面麻酔を施して針を刺す痛みを極力軽減させます。

 

 

2.浸潤麻酔には極細の針を使用

浸潤麻酔に用いる針の太さも重要です。針は細ければ細いほど粘膜に刺した時の痛みが軽減されます。当院ではできるだけ細い針を使用して痛みを抑えます。

 

 

3.電動麻酔注射を使用

浸潤麻酔で麻酔薬を注射するときは、一気に注入するとそのぶん痛みも強くなります。電動麻酔注射を使用することで、注入する麻酔薬の量を細かく調整し、なるべく痛みが生じないように配慮します。

 

 

4.5倍速コントラを使用

歯質を削るときにはコントラとよばれる歯科用機器を使用します。マイクロモーターの力でバー(歯を削るための器具)を回転させて柔らかい組織を削るものです。一般的なコントラよりも5倍速く回転する「5倍速コントラ」を使用すると、歯を削るときの振動が少なく済むため、削られているときの痛みも軽減されます。また、5倍速コントラの場合は一般的なコントラにありがちな「キーン」という特徴的な音も気になりにくいとされています。

 

今回ご紹介したように、むし歯治療での痛みを少しでも抑えるために様々な工夫をしています。歯科治療にご不安がある方も、お気軽にご相談ください。

診療のご予約はお電話やwebからお待ちしております🦷

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

0480-31-8680

〒346-0016 埼玉県久喜市久喜東1-1-1

診療時間
10:00 ~ 13:00 /
14:30 ~ 20:00 /
  • ※ 平日の診療は、最終受付20:45

  • ※ ▲土曜は9:00~17:00(最終受付16:45)、休憩はありません

  • ※ ★日曜は9:00~16:00となります。

  • ※ 祝日は休診となります

症例集

詳細は症例集をご参照ください。

料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。